Warning: file("http://nagomi.tk/deta/txt/emergency.txt") - Message too long in /home/www/galbt000/public_html/deta/php/config.php on line 30
お釈迦様絵伝 曹洞宗 智満寺 河根法窟・川根大佛 曹洞宗 智満寺公式ウェブサイト
お釈迦様絵伝 曹洞宗 智満寺 河根法窟・川根大佛

降 誕(ごうたん)おたんじょう


里帰りの途中、ルンビニーの花園で休まれた麻耶夫人は、美しいアショーカの一枝を折りとろうとした瞬間、一人の王子を生みました。生れたばかりの赤ちゃんが、将来にどんな可能性をも秘めていることを、“天上天下唯我独尊”(てんじょうてんげゆいがどくそん)という言葉によって表現しているのです。

出 城(しゅつじょう)


幼なくして母を失い、王子としてのぜいたくな生活にも心から喜べなかったシッダルダ(おしゃかさま)は、29才のある日白馬に乗り、一人の従者をつれ、人間として生きている本当の意味を探し求めるために、ひそかに城をぬけ出しました。

スジャータの供養山


6年間のはげしい苦行の末、心身ともに疲れ切ったシッダルダは、一人の貧しい村娘の捧げる一椀の乳がゆを受けました。そして“過ぎたるは及ばざるが如し”という諺のように、極端に肉体を苦しめるだけが正しい道ではないことに気がつき、やがて中道をさとられたもです。

成 道(じょうどう)おさとり


後に菩提樹とよばれるようになった一本の大木の下で静かに瞑想に入ったシダルダは、さまざまな悪魔の誘惑や、自分の心の中の欲望に打ち勝って、とうとう真実の道を発見して仏陀となられたのです。数多くの苦難を打ち破って、ブッダガヤとよばれる場所で仏となられたその姿には、私たちの心にひびく何ものかがあります。

転法輪(てんぽうりん)説法


仏陀となったシッダルダは、しばらくさとりの内容を心で味わわれた後、サルナートという近くの村で修行していた、もとの同行者5人に、はじめて自分の自覚した教えを説かれたのです。その後45年間にわたる説法の、それは最初だったのです。相手の立場を充分考慮した上で説かれその教えは、どんな人にも安らぎを与えたのです。

涅 槃(ねはん)やすらぎ


生れたものは必ず死ななければならない。−−−−− 45年もの長い間、数多くの人びとに教えを説き続けてこられた釈尊も、自ら説いた“諸行無常”の教えの通り、たくさんの弟子や信者の涙の中に、クシャガラで80才の生涯をとじられました。

Copyright © 2005.4.03-2017.12.16.お釈迦様絵伝 曹洞宗 智満寺 河根法窟・川根大佛 All rights reserved. Designd by なごみ本舗